料理は本当はしたくないですが・・

   

私は料理が苦手で、できればしたくないです。

けれどしないといけない立場なのでしています(とくに夕食は、他に作れる人がいないので私が作るしかありません)。
手間なく、時間をかけずに作れるレシピをつねに探しています。

ネットでもレシピ本でも”簡単にできるメニュー”みたいなタイトルのものを見つけると、必ず目をとおします。
でもそういうレシピは、たいてい料理が好きな人が作っているので、私にとっては全然手間いらずではありません。

たとえば料理する前に下準備をするとか、一度にやらないといけないことが多いとか(私にとっては)、こういうレシピを見て「本当に手間かけずにできる!」と思えることはめったにありません。
こんな私ですが、料理は楽しいかもと思える先生がいます。

 

それは浜内ちなみ先生です。先生の料理を見ていると、料理は難しく考えなくてもいいと思え、さらにひと手間加えて作りたくなってくるから不思議です。先生の本を持っているので、その本のなかのメニューをいくつか作っています。
もうひとり料理が楽しくなる先生がいます。それは平野レミ先生です。

 

”先生”という呼び方がふさわしいかわかりませんが・・。レミ先生の本も持っています。

レミ先生はテレビでのテンションの高さがすごいですが、レシピはちゃんとおいしいです。

 

キャベツの葉を分けないで、ざくっと切ったまま煮るという方法はレミ先生の本で知りました。
私にとって日頃の料理は、9割以上が「めんどくさい、やりたくない」という気持ちが強いですが、この先生たちのおかげでその気持ちが少し軽くなっています。

 -未分類

  関連記事

tonyu

石川名物豆乳とり野菜みそ鍋

  少し涼しくなってきたので、今日は石川名物の豆乳とり野菜みそ鍋にしました。 我が家では週

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nikumaki
残ったおかずは肉巻にすれば即完売!

  ひじき煮、切り干し煮、筑前煮、きんぴら、おひたしなどが余ってしまうときがあります。我が

tonyu
石川名物豆乳とり野菜みそ鍋

  少し涼しくなってきたので、今日は石川名物の豆乳とり野菜みそ鍋にしました。 我が家では週

no image
料理は本当はしたくないですが・・

私は料理が苦手で、できればしたくないです。 けれどしないといけない立場なのでしています(とくに夕食は

kinoko
「旬」を、瞬時に天然キノコ料理

キノコの季節です。おいしい天然キノコを夫が沢山採ってきました。しめじやタモギ、さあどうしよう? いく